2017年04月07日

動物病院を好きになるには その1

今月初め、福岡県の大牟田市動物園でユキヒョウの採血を麻酔を使わずに成功したらしい。
この動物園、2015年にはライオンでも無麻酔の採血を成功させていたり、動物に負担をかけない方法に意欲的で素晴らしい。

20170407_120929.jpg
※写真は東山動物園にて

ではどのように採血できるようトレーニングをしたのか。
それはハズバンダリートレーニングという方法。

http://inthedog.sblo.jp/article/60861330.html
前に勉強会やったなぁって調べたらもう4年以上前だった。時の流れが怖い・・・。

採血は網越しに尻尾からおこなってるので、飼育員がいる網に近寄る、尻尾を網の外へ出す、尻尾を直接触る、竹串など先端が尖った物で押す、これらの動作をもう一人の飼育員が食べ物を食べさせながら少しずつ馴らしていったと思われる。トレーニングは半年以上かけておこない、本番の採血までに至っている。ポイントとしてはユキヒョウが人間にされる動作を受け入れるように非常に計画的に進めていったことだと思う。一度でも恐怖感を付けてしまうと取り返しがつかないから。

20170407_120935.jpg
これまた東山動物園のユキヒョウ


犬の場合もハズバンダリートレーニングの考え方をよく使う。他の動物に使えて犬に使えないなんてことは当然ありえない。普通に考えれば犬の方が簡単なはず!・・・ただ現実は結構大変なわけで。
犬の場合、大きさが手頃だったり、力で抑えた方が良いという情報が広く伝わってしまっているため、パピー期の頃から無理やりな方法でグルーミング(ブラシ、爪切り、お風呂等)や受診をしてしまいがち。それが後に問題行動として浮彫になってきてトレーニングという流れが多いんだけど、既にトラウマがあるだけにトレーニングは大変になってしまう。

こう書くと飼い主に問題ありってことになってしまうけど。そもそも動物園の動物たちと比べ、管理されて飼われているわけはではないし、共に暮らす分だけ日常的な接点は犬の方がはるかに多い。
それら日常で起こる一つ一つの出来事を全て気を付けようとするのは容易なことじゃない。だからある程度苦手な事柄を犬が持ってしまうのは仕方がないように思う。それを踏まえて家庭犬なんだろうと。

大切なのは犬が苦手なこと、怖がっていること、それらを少しでも馴らしてあげたいと思う飼い主の気持ち。気を付ける気もない。もしくは犬のSOSに気付けない飼い主だったら犬は可哀想だ。

さて、タイトルにも書いた動物病院を好きになるには。
動物病院という存在は犬の暮らしに切っても切れない場所。病院嫌いな犬はきっと総犬数の過半数を占める。でもせめて大嫌いではなくちょっと苦手、くらいには留めておきたいところ。
ハズバンダリートレーニングという考え方も踏まえて、動物病院を嫌いにならないための心得を皆さんに知っておいてほしいと思います。

次回に続く!

posted by 安田和弘 at 12:59| Comment(0) | ドッグトレーニング

2017年03月24日

なぜ咬傷事故は起こるのか

今月9日にゴールデンレトリバーと子供の間に起こったニュース。犬と暮らす人ならご存知だと思う。
facebookなどでも他のトレーナーさんの見解をたくさん見かけた。当初は記事を書くつもりはなかったけれど、お店でも度々話題になっていたし、今後同じ事が起こらないようにと願いを込めて書くことにしました。

なぜこの犬が子供を咬んだのか。そこは実際に犬も自宅も見ていない以上分からない。
もちろん推測はするけれど、それが当たっている確証はないので。
ただゴールデンレトリバーは温厚で攻撃性が出ることはない、っていうのは経験上思わない。
実際にゴールデンレトリバーで攻撃性の相談は過去に何件も受けているし、実際に咬まれた飼い主さんにも複数お会いしているから。
そもそも攻撃性を持たない犬種というものは存在しないと思う。もちろん犬種特性や遺伝的に攻撃性が生まれ持って出やすい子というのはあると思う。ただ咬むという行動自体は学習行動。なんらかのキッカケで咬むことよって自分の身を守れる、自分に利益があると学んでしまえば、どんな犬だって攻撃性を覚える可能性はある。

これは自分の犬も同じ。ビーは今推定12歳。人を咬んだことは今日まで一度もなかったが、予期せぬ出来事が重なれば明日はその「一回目」が起こるかもしれない。
犬は自分が経験したことなのない状況には敏感。10か月のお子さんともなると日々成長があり、これまでとは違う動き、行動が変わっていくだろう。前回会ったときは良かったとしても、過信はできない。

咬傷事故。もし犬が人を咬んだ場合、狂犬病予防法によって届け出は義務付けられている。国内で咬傷事故として届け出があるのは年間約4000件。ただあくまで保健所に届け出があったものでというだけ。
実際に人を咬んでしまっても届け出をしないケースはかなり多い。家族や親戚、身内なら届け出する人はほとんどいないだろうし、他人でも小型犬が起こしたことや怪我が大したことなければ謝罪と治療費などをその場で支払ってお終い、なんてよく聞く話。なので実際の件数はこの何百倍もあるように思う。
もし今回の事故も起こした犬が小型犬だったら?きっと公にされる事はなかっただろう。

タイトルにも書いた、なぜ咬傷事故は起こるのか。
まず、しつけ。トレーニングをしておけばという話。咬傷事故を防ぐトレーニングと言えば真っ先に挙げられるのが社会化だと思う。そもそも他人が大好きに育った犬ならば、好きな相手に恐怖を感じて咬むという可能性は極めて低くなる。それに社会化をちゃんとした犬はメンタルキャパシティが高く、咄嗟の事態にもパニックを起こしにくい。人様に迷惑かけないよう躾をしたいと思うのならば社会化を最も優先するべき。
他にも攻撃性の予防には抑制を覚えさせる、平たく言えば我慢強くする内容もトレーニングにはあるけれど、
社会化やトレーニングをどれだけ充分にした犬でも100%咬まないとは言い切れない。

今回の本題はトレーニング以外の部分。
犬という動物を正しく理解している人が少なすぎる。これに尽きる。
飼い犬に手を噛まれる、なんてのがことわざになっているほど犬が咬むなんてあり得ないって思っている人が多すぎること。
知らない犬なのに目を直視しながら正面から近づいてきて触ろうとする犬好きな人。犬と散歩しているとき、後ろから早足で犬のすぐ間際を通り抜ける通行人。自分の子供が知らない犬に近づいていっているのに止めようとしないお母さん。
もちろん責任は全て飼い主にあると思う。危なければ相手に説明して止めてもらう。通行人を見かけたら道を空けるようにする。そういった管理が飼い主には必要。
ただ、それにしたって犬という動物を警戒しない人が多すぎると思う。


そして飼い主同士でも。自分の犬が緊張している、警戒している、そういう一瞬に気付けない人が多い。
犬同士を挨拶させているとき。明らかに緊張していて、その場から離れたがっているのに、飼い主は犬が出すSOSに気付かない。そうなると犬は自分の身は自分で守るしかなくなってしまう。
犬を悪くさせないために、どんな状況だと犬は緊張しやすいのかという知識は欠かせない。
それと緊張しているときの表情や重心の変化。犬のボディランゲージを見る力も大切。
あとは自分の犬のメンタルキャパシティを把握しておくこと。自分の犬が対応できないような環境を無理矢理に与えてしまうようでは心穏やかな犬には育たない。
厄介なのは犬に無理をさせている飼い主本人にその自覚がないケースが多いことだけど。

犬と暮らす人はもちろん。そうでない人たちにも犬が本当はどんな動物なのか、正しい情報が浸透していくことが咬傷事故を減らす唯一の方法だと思う。
犬は可愛い、犬は人に触られるのが好き。そういう都合の良い情報が目立ちすぎている。
本当は犬は繊細な動物で、人間社会にストレスなく適応できるのは簡単なことじゃない。だから人が守って導いていかなきゃいけない。

自分も今回の事故を他人事とせず、正しい事を一人でも多くの人に伝えられるように努めたいと改めて思う。

DSC_2418.JPG

posted by 安田和弘 at 20:55| Comment(0) | inthedog

2017年03月20日

犬に話かけないDay その2

犬に話しかけないで過ごしてみる日を作ってみる。そんな突拍子もないような話には意外な効能があるそうな。そんなお話の後編です。

前回は犬とのコミュニケーションにおける部分。犬は言語コミュニケーションをしない動物だから。犬が本来おこなっている身体の仕草を用いての会話「ボディランゲージ」を学ぶために「話しかけないDay」をお勧めしましたが、今回はトレーニングについて。

DSC03953 (2) (1).JPG

初めての場所に行ったりなどして犬が座らない状況のとき。つい飼い主さんは「オスワリ!オスワリ〜!」とキュー(指示のこと)を連呼しがち。実際お店に初回カウンセリングにみえる方の多くがそんな感じ。まず犬が指示を聞いてくれない理由を冷静に考えてみたい。
よく言われがちなのは、分かっているのに「わざと」しないというもの。このわざとという表現を自分は好まない。犬の学習は損得勘定。座れたら大好きなご褒美をあげようという状況でわざと言う事を聞かないなんて、犬にとってなんのメリットがあるのだろうか。

犬を悪者にする前にまず疑ってほしいのは、普段と環境が違って何をして良いのか犬が分からなくなっているのでは?ということ。実際それが一番理由として多い。
犬の学習はその時の環境に大きく影響される。例えば「自宅のリビングで」「お客さんなどがいない静かなときに」「飼い主が」「しゃがんで」「手にオヤツを持って」オスワリと言ったときに犬が座れるとする。これら全てがオスワリの行動を起こす条件になっている。もし場所が自宅でないだけでも犬はなにをして良いのか分からなくなってしまう可能性は高い。

で、分からなくなってしまったときに飼い主が最初にするべき対応は、まずキュー(指示)を外すこと。どうせ言ってもやらないのに闇雲にキューを連発するのは言葉の無駄使い。言われる度に犬は飼い主の言う事を無視する癖がついてしまう。それに犬はガミガミ言う人が苦手。熱意を正面から向けると徐々に飼い主から視線をそらしてしまう。

DSC05361.JPG

じゃあどうやって犬に再び行動をさせるか。
まずは一旦落ち着いて。
犬がなにをすべきだったかを気付けるようなヒントを出してみる。ヒントというのは行動を教えた過程の方法。トレーニングがうまくいかない時の基本は一つ前に戻ること。
オヤツなどで動きを誘導して当初教えたのなら、それがヒントになる。室内で教えた行動が外でできないのなら、集中しやすい場所を探してそこからやってみるのも良いと思う。環境設定は大きなヒントになる。
飼い主自身がどうやってその行動を犬に教えたのかちゃんと理解できていれば一つ前に戻るというヒントの出し方は簡単だ。
問題なのは偶然、あるいは飼い主も無意識のうちに犬が行動を覚えていた場合。よくあるのはトイレの問題。飼い主が特に教えたわけでもなくなんとなくシートでできていた犬がある日を境に崩れてしまったとき。飼い主はどうやって再び教えたら良いのかに困ってしまう。本当は偶然覚えたなんてことはなく、必ず学習できたキッカケが存在するはずなんだけれど。
そういった点からトレーニングは単に覚えれば良いではなく、教えている過程が大事と言える。

そんな出来そうで出来なかった状況を克服させることを繰り返すことにより、犬は少しずつ普段と異なる環境でも安定して行動できるようになっていく。
大事なのは分かっている、理解しているはずと決めつけず、犬目線で分かりやすいように導いてあげること。

自分は指示を聞ける犬というよりも、空気を呼んで必要な事に気付ける犬が好き。
声を荒げなくとも自然と飼い主が望むことに気付ける犬はスマートでカッコいいと思う。
犬に話しかけないでハンドリングをしてみると実際どの程度行動を理解できているか分かる。しっかりとトレーニングをしている犬と飼い主なら言葉の指示がなくとも座らせたり、待たせたり、近くに来させたりといった動きができるはず。

DSC04886.JPG

トレーニングにおいての犬に話しかけないDayの目的は、本当に必要な声掛けを見つけるためにある。言葉を無くして接してみると、本当は言わなくても行動できていた不要な言葉や、言うことでマイナスの印象となっていた言葉に気付ける。

犬を学ぶための一番の先生はその犬自身。
「話しかけないDay」を通じて、ぜひ皆さんも自分のワンコ先生からの個人指導を受けてみては?


posted by 安田和弘 at 16:13| Comment(0) | ドッグトレーニング

2017年03月08日

臨時休業のお知らせ

3月6日(月)〜3月8日(水)の3日間を臨時休業とさせて頂きます。

9日(木)より通常通り営業します。
尚、この週もオリジナルクッキーは変わらず販売しております。

皆様にはご迷惑おかけしますがご了承の程よろしくお願いします。

DSC_0920.JPG

posted by 安田和弘 at 00:00| Comment(0) | inthedog

2017年02月20日

犬に話かけないDay その1

ドッグトレーニングには本当に様々な方法があります。十人十色。その犬、それぞれの個性に合ったトレーニングを。いつも言っていることですね。
というわけで今回のブログの内容が当てはまるかどうかは個々によりけりなのは予めご了承くださいませ。

DSC04486.JPG

ここ最近「犬に話しかけないで過ごしてみて」ってお話をよくしている気がする。
このアドバイスが当てはまる方というのは、

・普段呼んでもなかなか犬が来てくれない。
・犬に指示をかけているのに全然聞いてくれない。
・飼い主への依存度が高くなってきている気がする。
・自分自身、犬に話しかけ過ぎていると自覚がある。

上記に当てはまるかなっていう方は試してみても良いかもしれません。

「犬に話しかけないDay」のルールは単純。
犬に話しかけないけど、日常通りの過ごし方はする。散歩、ご飯、グルーミング、遊び、トレーニング等、全て通常通りに犬におこなう。話しかけない=犬を無視して過ごすという事ではないのでお間違えなく。
話しかけない事の利点、実は一回のブログに書ききれないほどあるんです。

まずはコミュニケーションの面。
もともと犬は言語コミュニケーションはしない。
身体の仕草で会話をするボディランゲージが主体。それは相手に来てほしくないとき、一人になりたいとき、遊びたいとき、甘えたいとき、それら全てを身体で表現している。
でも家の中で犬と暮らしていると、つい言えば通じるような感覚を覚えてしまう人は多い。

もちろん言葉の意味を犬は学習できる。散歩に行く前に「お散歩行こっか?」と毎日話しかけていれば、その言葉を聞くだけで大喜びするようになる。
でも全ての言葉を理解しているか?と言えばそれはないだろう。

DSC04393.JPG

言葉のないコミュニケーションをしてみると、場合によって言葉をこちらの意図とは違った形で犬が学習してしまっているかを判断できる。
例えば、犬がお気に入りのオモチャで遊んでいるときに飼い主に「そのおもちゃ楽しそうだねー!ねぇこっちに持って来て一緒に遊ぼうよ〜」などと話しかけられると、犬は「この人はじわじわと近づいてきてオモチャを取り上げようとしてるんじゃないか?!気を付けないと」と逆に飼い主を疑っているのかも。

犬は犬だから。人間の物差しで測ることは間違いだと思う。逆に犬からしたら「ちゃんと犬語分かってるの?この前からベッドで休んでいるときは来てほしくないって言ってるじゃん!」とボディランゲージでこちらに伝えようとしているのかも。人間の言葉を伝える時間があるなら、まず人間が犬語を覚える方が絶対早い。

日常で犬に来てほしいとき、逆に来てほしくないとき、それを伝えるにはどのように自分が振る舞えば良いのか?目線、身体の動き、表情、それら全てを駆使して相手に伝える。
それこそがボディランゲージであり犬が視る世界だから。

要するに、
伝わっているかどうかよく分からない「言葉」という情報を一旦外してみると、今まで気付かなかった発見があるのでは?犬の感情をより理解することが「犬に話しかけないDay」の目的。

そしてトレーニングや問題行動の改善においても話しかけない事の利点は大きい。
また次回に続きます!

posted by 安田和弘 at 20:28| Comment(0) | ドッグトレーニング

2017年02月04日

2月4日(土)の営業時間について

2月4日(土)は飼い主向け勉強会開催により、お店の営業開始時間が14:00〜となります。
ご不便をおかけしますが、お間違えなきようお願い致します。

DSC04141.JPG





posted by 安田和弘 at 00:00| Comment(0) | inthedog

2017年01月15日

POSITIVE BUDDY チャレンジC!

sample.png
ポジティブバディに新しい課目「チャレンジC」が追加されました!
チャレンジA、Bの合格が計15課目以上あれば挑戦できます。

DSC03616.JPG

チャレンジCは単純に難易度を上げたものだけでなく、飼い主が工夫して教えるような課目を増やしています。
チャレンジBは屋外でおこなう課題が多く設定されていましたが、Cに関しては基本室内。もしくは室内と屋外どちらでもチャレンジできるように場所の指定が「自由」となっています。

項目はこれまで同様、ホームページの左下から確認できるようになっていますので、一度ご確認下さい。
http://www.inthedog.co.jp/pb.html

犬と向き合ってトレーニングする。それの新たな目標になれば嬉しく思います。一癖ある課目たちを見事攻略して下さい!

DSC03438.JPG

それと2月4日(土)の勉強会の内容もチャレンジCの合格に繋がるヒントがたくさん入った内容です。
まだ勉強会の参加は受け付けておりますのでこちらもお見逃しなく!

posted by 安田和弘 at 14:39| Comment(0) | inthedog

2017年01月09日

飼い主向け勉強会のお知らせ

定期的にと思いながらも随分ご無沙汰してしまった勉強会のお知らせです。
今回は待望の?おもちゃ遊びに関して。
タイトルは「持来の達人になる!」

持って来ると書いて持来と言いますが。
今より上手に物を持って来させたい。よりモチベーションを高めたい。もっと上手に遊ばせたい。そんなオモチャで上手に遊べるようになるための知識やコツをお伝えします!

DSC00263.JPG

日時:2月4日(土)11:00〜13:00
料金:お一人様2000yen

勉強会は予約制ですので参加を希望される方は下記よりご連絡下さい。
皆様の参加お待ちしております!


お電話でのお問い合わせ
052-778-0211
メールでのお問い合わせ
info@inthedog.co.jp

*犬連れの参加も可能ですが頭数制限がありますので参加連絡の際に必ずお知らせ下さい。
*少人数での内容となります。定員になり次第受付終了となりますので予めご了承下さい。


posted by 安田和弘 at 16:43| Comment(0) | inthedog

2017年01月05日

冬季休業のお知らせ

12月31日(土)〜1月5日(木)の期間を冬季休業とさせて頂きます。
年始は6日(金)からのスタートです。
ご了承のほどよろしくお願い致します。

DSC01683.JPG

posted by 安田和弘 at 13:43| Comment(0) | inthedog

2016年12月30日

2016仕事納め

本日仕事納めです。最後の日までバタバタです。
今年の1年は本当に色々あったなぁと振り返る。
お店は10周年を迎え、新しいトレーニングのカタチをとPOSITIVE BUDDYを始めた。
愛護センターとの連携で問題犬のしつけ教室だけでなく、これまでお話した事のない方面の方に向けてセミナーをやらせてもらったり、広報なごやの取材があったり。
主となるドッグトレーニングでも新しい方との出会いがたくさんあった。
やり残した事は実際多いけれど振り返れば駆け抜けた1年だったなと思います。

DSC01140 (1).JPG

トレーニングの相談は複雑なものがたくさんあった。解決には試行錯誤の繰り返し。信じて通ってくれる方の思いを裏切らないようにと、内心必死な思いのトレーニングも多かったです。
家庭犬のトレーニングは何年続けていようが10年前と変わらず難しい。むしろ色々考えないでやってきたときのがある意味悩みが少なかったような。

犬の状況による学習は本当に厄介。どんなに教室やトレーナーの前で上手くいこうが、「飼い主に対して」「自宅周辺」「家族が揃っているとき」「夜に」など学習が限定されているものには効果が表れにくい。ここで会う人には吠えないけど、自宅から夜散歩に出たときは吠える、みたいなものがソレだ。そういうのを一括りに、飼い主が舐められてるからですよってアドバイスしちゃう人には驚くけれど。
そこを乗り越えるためには結局飼い主さんにやり方や考え方の一つ一つをしっかり理解してもらわないといけない。じゃなきゃ上手くいかない時の基準の上げ下げや発想の転換を飼い主さんができないから。
伝えることの大切さがここにあるんだって思う。

DSC00583.JPG

話は少し変わりますが、名古屋市動物愛護センターはこの1年はまた飛躍の年になっている。犬の殺処分ゼロの目標を4月に掲げ、その数字を守り続けている。まだ多くの問題はあるにせよ、殺処分ゼロという事実は凄いこと。それにはセンターだけでなく、多くのボランティアさんの必死の頑張りがあって。今の自分は役に立てているのか、どうだと自問自答してしまう。
自分のトレーニングの目的は人と犬が「お互いに」ストレスなく暮らしていけること。そして犬のQOLを考えられる飼い主さんを少しずつでも増やすこと。それが延いては殺処分を減らすことに繋がると信じている。
その筋だけはブレないように。また来年は新しい表現の形を模索していきたい。

inthedogに通う方にとっては来年はより楽しくトレーニングできるように。
自分自身はより成長し思いを実現できる人間になれるように。
これが来年の抱負かな。

DSC00554.JPG

一年の総括と思って書き出したら、なんだかゴチャゴチャした内容のブログになってしまいましたのでこの辺で。
新年には、また元気な姿で皆様とお会いできることを楽しみにしております。
良いお年をお過ごしください。

posted by 安田和弘 at 22:28| Comment(0) | me