2016年06月28日

10周年。トレーニングのこと。

ブログの更新、随分と空いてしまいましたが・・・。10周年シリーズの最終回です。
今回は10年という月日を振り返ってドッグトレーニングのことを綴ります。

10年の間にトレーニングの世界はどのような変化が起こったのでしょうか。
犬には教育が必要っていう常識は10年前を思えば少しは浸透してきたかなと感じます。全体を見ればまだトレーニングに通う飼い主さんは僅かだけれど。それでも年々増えてきている、はず。
以前は大多数の人が犬のしつけなんて簡単って常識で、飼い犬に手を噛まれるなんてただのことわざ。ペットショップに行けば、しつけなんて簡単で苦労しませんよー!の一点張り。
あれ?こうやって書いていると10年前からあまり変わってないか?!いやいやそれでも、そう思わない方の割合は若干変わったと思うんです。
それはきっと犬を迎える前の予備知識としてなんらか耳にする機会が増えてきているからだと思う。
愛護センターでもトレーニングに関する普及啓発は強化されてきたし、大手のペットショップはパピートレーニングという事業に関心を持つようになった。獣医師も以前よりもトレーニングについて理解を示す方も増えています。

DSC08663.JPG

それとトレーニングの形も変わってきた。以前はプロに頼んでしつけと言えば訓練所に預ける、みたいな他人任せだったけど、それじゃあ飼い主自身と犬との間には良い関係は築けないって話は広まり、飼い主自身がトレーニングを学びに行くという形が確立されてきています。

あとは中身。これがブログのメインテーマでもあるけれど。
リーダー論の話を否定するトレーナーが増加。いわゆる陽性強化の普及。
犬は人との間で序列を築くため厳しく育てて飼い主の方が上の存在だと教えなければいけない。これが犬のしつけ方の一般常識だったのが今は昔の話になりつつある。
今、犬に必要な教育と言えば、社会化、人を疑わないような馴致トレーニング、負の感情を広げないセルフコントロールなど。あとは飼い主自身が間違った育て方をしないように飼い主自身が犬の学習を学ぶこと。
それに伴って罰的なしつけ方が否定されるようになった。
10年前からも陽性強化のトレーニングは推奨されていたけれど、この10年でそれの裏付けが強まったし、トレーニングの形態が預かりから通いになってきたことで飼い主自身ができる方法として罰は不適切となったのが普及の理由だと思う。

DSC08772.JPG

ブログでもたまに書いているけど、自分は別に罰の使用は否定しない。でも昔のしつけ方で用いられる罰の使用方法の殆どは本当に無利益で理不尽だったと思う。だから今の罰を否定する流れは非常に良い事だと思っている。

inthedogのトレーニングも先代から引き継いだことで変わったことはたくさんある。
犬に対する考え方。トレーニングのなかで重きを置くこと。それらはやはり違う部分もきっとあって、提案する方法や説明もそれだけ変わっている。
ただ、抱く信念は変わらずに。人と犬とがより良い暮らしを築いていけるように。そしてお互いのQOLを守っていけるよう力になりたい。それは変わらずここまで続けて来れたと思っています。

DSC08440.JPG

10年という節目を迎え、inthedogは新しいトレーニングのカタチを来月よりスタートしていきます。
ドッグトレーニングに対してより魅力を感じてもらえるように。努力が目に見える形で分かるように。
そして犬との暮らしがより楽しく輝くようにと、仲間たちと考えたこと。
最初は手探りなスタートで参加される皆さんには色々ご迷惑もおかけしてしまうかもしれませんが、どうぞ宜しくお願いします。
今後の続報にご期待下さい!


posted by 安田和弘 at 20:11| Comment(0) | inthedog

2016年06月10日

記念イベントを終えて

6月4日におこなった10周年イベント。大盛況のなか事故もなく無事に終えることができました!
多くの方の助力があって実現できた1日です。協力してくれた皆様、本当にありがとうございました!

DSC08363.JPG

10犬.jpg

イベントは1日大混雑!天気にも恵まれました。
色々なプレゼントも頂きました。お越し頂くだけでも嬉しいのに、感謝します。
下の写真はそのなかの極一部です。食べ物の差し入れも有難かったです!

10ぎふと.jpg

10花.jpg

そしてサプライズもあり。まさかのスペシャルゲストがお越しになったり、家庭犬試験を受けたメンバーのメッセージが入ったギフトを頂いたり。自分リアクション下手ですが、感動ました!本当にありがとうございます。

DSC08417.JPG


KITAGAWAさんのスイーツは原点回帰でパンケーキ!美味しさに感動!食べた皆さんも言ってましたが、そこらのお店より遥かに美味しいって自分も思いました。イチゴソースを作ってくれたSさんもありがとうございました!家族総出で協力してくれたAさんご一家もホールのお手伝い感謝します!
サチ珈琲さんも夕方からお仕事を終えてから駆けつけてくれました。やっぱり美味しい珈琲が飲めるのは幸せですね。
10パンケーキ.jpg

10珈琲.jpg

写真撮影も満員御礼!なんとか予定通りに終えることができました。MARCHEさん、一日お疲れ様でした!
ご参加頂いた皆さま、お渡しまでもう少しお待ち下さいませ。

DSC02413.JPG

そしてスタッフIさん作成によるゴウ君の体重当てクイズ!予想以上に盛り上がりましたね!簡単と思いきや案外難しいものです。上は16kg、下は3kgと個人差のある回答は面白かったです。

正解は「5.6kg」でした!!!
近い回答で4人おりましたので、抽選にて当選者を選ばせて頂きました。

割引の神経衰弱ゲームもそうですが、皆さんと盛り上がる内容が出来て嬉しく思います。
ご参加ありがとうございました!!

DSC08299.JPG

本当にお祭り騒ぎの1日でした。たくさんワンコが集まるなかトラブルなく終えられたのは監視員になってくれたHさん、Sさんの協力。そしてなにより参加された皆さんがしっかり自身の犬をハンドリングしてくれていたからだと思います。

inthedogにとって忘れられない1日になりました。
これからもinthedogをどうぞ宜しくお願い致します。本当にありがとうございました!

posted by 安田和弘 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | inthedog

2016年06月03日

10周年記念イベントのお知らせ B

DSC08145.JPG

いよいよ10周年イベントまで1週間となりました!
前回告知していた写真撮影イベントだけでなく・・・、
今年も毎年恒例の「あの」企画もやっちゃいます!

まずは周年イベントにかかせないスイーツ&ドリンクのサービス!いつもお世話になっているKITAGAWAさんがまた腕を振るってくれます。

DSC09702.JPG
昨年はどら焼きでしたが今年はどんなスィーツになるのか、お楽しみに!


それとこれも毎年恒例の!割引チャレンジもおこないます!10周年ですから、今回の割引額は奮発しちゃいますよ!
但し、写真撮影の料金は割引対象外。また当日は現金のみでのお支払いをお願い致します。

DSC04210.JPG

また当日ご来店頂いた方にはちょっとしたゲームもおこなう予定です。
イベントは11:00〜20:00までおこなっております。
ぜひぜひ皆様遊びにいらして下さいね!


posted by 安田和弘 at 22:02| Comment(0) | inthedog

2016年05月28日

10周年。お店のこと。

自分が先代から店を引き継いではや6年を迎えました。
はじめて自分が店に行ったときの緊張感が今となってはなんとも懐かしい。その店を自分が続けていると思うと感慨深いもの。
先代にお店は10年続いたら一人前。みたいなことを継ぐ前に言われたのをよく覚えています。いよいよ一つの目標としていた10年という節目を迎えるってわけです。

intheDog_002.jpg

さて今回のブログはお店についてのお話です。
inthedogのようなドッグトレーニングを中心としていて物販のお店を構えるという形態は正直珍しいと思う。
自分が知っている限り、トレーニング中心の場合はだいたいが預かり訓練やデイケア事業に特化させる。物販をやっている場合にはトレーニング自体は副業サービス扱いという位置付けにしている所が多い。
今から10年前なんてもっと珍しかったのではないだろうか。

10年の間には(自分は6年だけど)たくさんの方がお店を訪れ、それだけ色々なドラマがあった。それは本当に笑いあり、涙あり・・・。

DSC08192.JPG

日々お店には色々な目的を持ったお客さんたちが足を運ぶ。
トレーニング中にも買い物にみえるお客さんがいたり。最初は買い物にみえていたお客さんがトレーニングに関心を持って参加されるようになったり。初めてパピーを迎え、色々困っているお客さんに常連の方が優しくアドバイスをしていたり。そうした交わりのなかでお客さん同士が親しくなって友情が芽生えていったり。日々、人と人、犬と犬達が繋がりあっている。
そんな独特の雰囲気から入りにくいお店と思われがち・・・。ですが!今となってはその点は若干開き直っています(笑)

こんなお店ですが、いつも支えて下さるお客様に心より感謝します!
本当にいつもありがとうございます。

DSC04257.JPG

トレーナーとして?いやあえてお店として思うことがある。
常に正しい常識を発信できる存在でありたいと。
それはドッグトレーニングに限ったことではなく。例えば知らない犬をいきなり触ろうとしてはいけない、リードは公共の場で離してはいけない、そんなマナーのような事でも。
動物という存在を正しく伝え、訪れる方たちの意識を高められるようなメッセージ性のある店でありたいと思う。
それが人と犬がより気持ち良く共生していける社会を築いていくための、ひとつの貢献の仕方だと思っている。なんだか言葉にするとおこがましいですけど。

そして常に誰かに必要とされるような店であり続けたい。
もし今から更に10年くらい先でもinthedogが続いていたら・・・、そのとき店にみえるお客さんは今とは少し変わっているのかな。ひょっとしたらスタッフが、はたまたトレーナーが変わっているかもしれない。
そうなっていたとしても、その時代も犬と暮らす人たちに必要とされるお店であってほしいと願う。

だから今は自分たちがinthedogらしさを守っていかないといけないなと思います。
そんなわけで、これからもどこか一本筋の通った、信念のある店でいられるよう、スタッフ一同頑張ります!

posted by 安田和弘 at 16:58| Comment(0) | inthedog

2016年05月24日

10周年。ビーのこと。

お店が10周年ということで、今回からしばらく10年という年月を振り返る内容を題材にしてみようと思います。初回は自分の愛犬ビーについて。

DSC06703.JPG

ビーは現在推定11歳。引き取ったのが推定1歳、自分と暮らして10年になる。
なぜかこれまでに一度も性別を当てられたことがない。安田の犬だから?ビーという名前だから?決まって男の子と間違えられるけれど、正真正銘の女の子ですから!

俗に言う悪質ブリーダーのようなところから引き取ったのが10年ちょっと前。そこでビーグルだからビーと言われていた。名前は変える予定だったけど、ちょうど警察犬訓練所を止めたときで仕事探しに奮闘する日々。そんな生活が落ち着く頃にはすっかりビーで定着しちゃっていた。
とにかく人に甘えない、フラフラと人から離れるような犬でした。そんなビーが色んな人に可愛がられる犬に育ったのは当時とことんビーと遊んでくれた仲間たちのおかげです。

PA0_0002.JPG

とにかく当時は犬を育てるのに必死で、トレーナーとしての方向性が定まっていなかったのもあり、色んなトレーニング法を学ぶ度にビーに試す毎日。犬との暮らしで直面する苦労や分かっていてもついやってしまう感覚。そんな飼い主目線の気持ちをビーによって知れた。
留守番から帰ったら冷蔵庫の扉を開けていて、なかの食材、卵や野菜や肉、調味料を一式食い漁っていたのは今となっては良い思い出・・・。

お店を引き継いだ当初は今よりもっとお店に連れてきていた。いわゆる看板犬状態。どんな犬にも人にも上手に振る舞うし、犬が苦手な子のトレーニングでもビーがいる方が進めやすい。
そんなある日てんかん発作が起きた。最初、理由はさっぱり分からなかったけど、状況を整理していくとビーの睡眠不足や他犬への過度な接触によるストレスだと断定。このとき犬のストレスのキャパシティみたいなものを深く考えるようになった。それ以来はトレーニング目的でビーをお店に連れて来るのは止め、連れてきても長時間いさせないように気をつけるようにした。それらのおかげか、かれこれ5年は発作を見ていない。
セルフコントロールやストレスという本質もビーからたくさん学ばせてもらった。

DSC06950.JPG

ドッグトレーニングの発見や向上に繋がる一番の近道は犬自身から学ぶこと。ビーは自分にとって一番の師匠なのかもしれない。

ビーが高齢になってきて色々な変化が起こっている。
ひとつはビーの健康面。相変わらず食欲旺盛ではあるけれど、目の持病が悪化し視力はだいぶ落ちてきた。そのせいか最近散歩中に坂道などを怖がって歩かなくなるなど新たな問題が出てきた。大変ではあるけれどトレーニングでなんとか持ち直したいと奮闘中。

あとは自分の心情の変化。これが大きいな。
ビーを連れて旅行に行きたいと思うようになったり、とにかく色々な思い出を作っておきたいと感じるようになったこと。でも必ずしも自分が行きたい場所がビーにとって100%好きなこととは限らない。結局ニンゲンのワガママに付き合わせている部分もある。けれど、そんな道中でも、ちゃんと自分の言うことを聞いてくれたり、大きなストレスを感じないで旅行を楽しんで過ごしてくれたり。そんな社会化の成功とトレーニングの恩恵を前よりもしっかりと感じる。

タイトル通りにビーのことだけを綴ったブログになりました。本当はもっと書きたいことがあるけれど、あんまり自分の犬のことばかり書くのもアレなのでこのへんで。
最後に、これは皆さん当然に思う有り体な言葉だけど、

ビー、どうかこれからも健康で元気に。
そんで共に楽しく過ごしていきたいね。

DSC06991.JPG



posted by 安田和弘 at 21:08| Comment(2) | me

2016年05月09日

10周年記念イベントのお知らせ A

6月4日(土)に開催を予定している10周年イベントの続報です!
当日は8周年のときに好評だった写真撮影会を再びおこないます!

今回も
・藤が丘にあるレーザー加工機を使ったオリジナル雑貨やセレクト雑貨を取り扱うK.452さん
・岐阜で活動されているフォトグラファーMARCHEさん

とのコラボ企画となります!!

これまでにinthedogでトレーニングを受けていた方限定で
個別での撮影会をおこないます。
写真は2L判サイズの写真を3点に合わせてK.452さんに作成して頂いたinthedogのオリジナルフォトフレームも付けてお渡しします。

8周年のときに参加できなかった方、この二年で家族が増えた等で新たに写真を撮りたい方に!
フォトフレームは前回と異なる仕様となっており、撮影も前回から変化をさせていますので、前回からのリピートも大歓迎です!!

10317818_716904155034297_1944056046572917811_o.jpg
こちらは8周年のときに撮影してもらった写真とフォトフレームです!

開催日: 6月4日(土)
撮影時間: 10:30〜20:00
撮影時間: ひと家族20分
料金: フォトフレーム、2L判の写真3点と合わせて税込4500円
※写真とフォトフレームは後日お渡しとなります。

撮影は予約優先でおこないます。もしも当日、時間空いていれば受付可能です。
予約に関しては電話かご来店で受付します。
希望するおおよその時間帯をお伝え下さい。
犬同士の相性や予約の都合によりご希望の時間から多少ズレることもあります。
また当日も多少時間が変更してお待ち頂く可能性があります。ご了承ください。
予めご了承下さい。

Tel:052-778-0211

IMG_0252.jpg

5月10日(火)11:00より撮影会の予約を受け付けます。
皆様のご連絡お待ちしております!

尚、この日だけの特別セールやイベントも企画しております。
こちらもまたブログでお伝えしていきますのでお楽しみに!!

事前の申し込みは定員に達しましたので終了しております。
当日こちらの時間が空いていれば飛び込みで参加できるかも?!
posted by 安田和弘 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | inthedog

2016年05月03日

芸は身を助ける

トレーニングに通う飼い主さんはそれぞれ目的が異なる。

パピーを迎え、将来良い子に育てたい。
通うことで犬に継続的な社会化をさせたい。
問題行動があってそれを解決させたい。
犬という動物を学びたい。
犬との暮らしをもっと楽しみたい。

DSC07791.JPG

自分としては共通して、犬との暮らしをより豊かにするお手伝いしているつもり。そんな十人十色のトレーニングだけど一番登場回数の多い道具といえばやっぱりクリッカー。
時に目的をもって、時にお遊びで。犬に様々な新しい行動を教えるための便利ツール。

〇〇な行動にお困りのあなた!こんな行動教えたら役立ちまっせ!
〇〇を怖がる子にはこんな行動を教えてみたらもっと自信がつくんじゃない?

そんなお話から新しい行動を教えてみよう、みたいな流れになる。で、無事に行動を犬が頑張って覚えてくれました!とここまでの流れは良い。ただ問題はその教えた行動を本当に暮らしに活かせているかというところ。今回はその辺の分かれ目について。

例題として「首輪に犬自ら顔を通す」という行動を新しく教えるとします。
普通の首輪だと顔から通すくらいの余裕のあるサイズだと散歩へ行ったら抜けてしまう。便利な道具はあるもので下記写真のような顔から通しても抜けない首輪があります。

DSC07777.JPG

この道具は犬が後ろに下がる動きをした瞬間、部分的に首輪が閉まる動きをするため抜けることがない優れもの。ヘッドが浅く首輪が抜けやすい柴犬などにはお勧めの商品です。
と、商品紹介はこの辺にしまして。

散歩へ行くとき首輪を付けようとすると逃げる。実はけっこう多い相談。散歩は好きなんだけど、捕まって身体を拘束されるのが嫌い。それがこじれると犬は意地でも来なくなる。そんなときに犬が自ら首輪に顔を通してくれたら?そりゃ飼い主からしても楽だし、犬としても楽しく散歩へ行けるってことで悪い話じゃない。
そんな訳で、見事トレーニングで首輪に顔を通すように犬が覚えてくれました!それ以降散歩へ行くときにも逃げなくなって大助かり!という飼い主さんもいれば、結局練習するときには顔を通してくれるのに、いざ散歩へ行くとなると何故か上手くできない、という飼い主さんもいる。
この違いはどこにあるか。
それはトレーニングの計画性と、犬の学習の理解、後はハンドリングだと思う。

DSC07764.JPG

トレーニングには計画性がいる。首輪を通すことを覚えたら次は場所を変えてみたり(玄関や庭)、姿勢を変化させてみる(飼い主が座る、立つ)それも出来たら今度は決まった時間以外にも抜き打ちで練習してみる(犬が寝ているときに呼んでいきなり始める)
そうやって様々な状況でも出来るようにする。いわゆる般化トレーニングを重ねていく。

後は犬の学習を理解すること。よく練習ではオヤツをあげるのに何故か本番(散歩へ行くとき)にはあげない方がいる。本番でこそオヤツをあげるべきなのに。また、覚えたての行動に苦手意識を混ぜるのも厳禁。例えば捕まえて苦手なブラシをしたいからと新しく覚えた行動を使ってしまうといったこと。追々やるならともかく、最初はやはり嬉しい結果のときにこそ使うようにしておきたいところ。

そしてハンドリング。首輪に通すという行動のポイントは、飼い主からは首輪を犬に近づけないこと。あくまで犬が自ら顔を通すという所が重要。けれどお散歩に行くときはその間を待てず、つい焦って首輪を犬に近づけてしまう。で、犬はそれに焦って首輪から逃げる。最後は無理矢理、騙し騙しに付ける。そうして次の機会からは犬は警戒し空気を読んでしまい、また騙し騙しという悪循環。

このように考えるとトレーニングを物にするためには努力と忍耐が必要です。そこを気を付けないとせっかく教えた行動も一芸止まりで終わってしまう。
芸は身を助ける。
この言葉の通りにするために、目の前の結果に焦らず計画的な練習をしていきたいものですね。ドッグトレーニングの醍醐味は努力が実った瞬間を実感できた時だと思うから。





DSC07748.JPG
おまけ
こどもの日にちなんだ一芸です(笑)


posted by 安田和弘 at 19:28| Comment(0) | ドッグトレーニング

2016年04月28日

10周年記念イベントのお知らせ ➀

皆さま、発表が遅くなり申し訳ありませんでした。
10周年記念イベントの開催日が決定しましたのでお知らせ致します!

10周年.jpg

6月4日(土)11:00〜
開催決定です!詳細は追ってupしていくのでお楽しみに!!

いよいよ10年・・・。感慨深い年ですね。
良いイベントにできるよう仲間と共に頑張ります!



posted by 安田和弘 at 18:26| Comment(0) | inthedog

2016年04月15日

臨時休業のお知らせ

臨時休業のお知らせです。誠に勝手ではありますが、

4月21日(木)・22日(金)を、
所用によりお休みさせていただきます。


※4月20(水)も定休日のためお休みです。
※23日(土)より平常通り営業いたします。

この週のオリジナルクッキーは23日(土)13:00〜の販売になります。

尚、本年のゴールデンウィークは通常通り営業します。

皆様にはご不便をおかけしますがご了承の程よろしくお願い致します。

DSC06856.JPG

posted by 安田和弘 at 19:02| Comment(0) | inthedog

2016年04月05日

犬の緊張感はどこからくるの? 後編

DSC06448.JPG

動物病院で犬を緊張させない工夫。前回のブログの続きです。
今回は写真と内容には一切関わりありません。春爛漫の桜をお届けします。

「○○ちゃ〜ん!大丈夫だよ、大丈夫〜!すぐに終わるからね〜!」

やや高音な声で犬に話しかける。動物病院の診察台の上でたまに見られる光景。実際に見ると必死に暴れる犬を飼い主なり看護師が抑え込んでいたりする。診察するときに犬を動かず固定する持ち方を保定といいますが。

結論から言うと、自分は保定の際には基本声をかけない派。なぜ声をかけないか。犬からの信頼というのはどんなことか。今回はそんな話。

まず大前提として、犬は言語によるコミュニケーションには頼らない動物。
当然大丈夫という言葉の意味は分かりません。犬にとって大丈夫かどうかの判断基準は、その環境が普段と違うかどうか、差し迫った脅威が近くにあるか、また飼い主の様子が普段と違うかどうか、そういう情報から現在の状態が安全か危険かを判断してたりする。

DSC06616.JPG

言語によるコミュニケーションはしなくても、言葉と出来事を関連付けることはできます。例えば「お散歩」という言葉の後に、外へ出かけることが繰り返し続けば、「お散歩」と言われると外へ行けると喜ぶようになる。

では病院で診察中に言われる「大丈夫」はどうか。大丈夫と言われた先に怖がりる犬には救いが来ない。
大丈夫と言われたのに、その後にも怖い体験や時間が続いてしまうと、その言葉、その人の信頼は失われてしまうように思う。そうなると「大丈夫」という言葉は犬を不安にさせる合図となり、声をかける度に犬の不安感は大きくなってしまう。

病院での治療や保定なんて大したことじゃないって印象付けたいわけだから、こっちも普段通りにしている方が違和感ないだろう。犬の不安を取り去ろうと普段と違った雰囲気で犬の傍にいたら、その人に安心感を感じられなくなってしまう。犬が困ったときこそ、飼い主は動じずいてほしい。
自分が犬を保定しているときは必要以上に声もかけない。ただ保定を終えた瞬間は愛情を込めて声をかけたり褒めたりする。そのとき多少オーバーなリアクションになっても問題ない。

DSC06532.JPG

保定をするときに大切なのは、犬にいつからいつまで我慢する必要があるのかを教えることだと思っている。
保定をしているときは犬が暴れない限り、なるべく力を入れず脱力して優しく包み込む。このとき犬に身体が密着している面積は大きいほうが良い。犬が暴れるときも抑えるというより、身体を固めて固定する方が犬が落ち着くまでの時間は短くなりやすい。
そして処置が終わり保定を止めるときは一気に解放してあげる。我慢をする時間はこれで終わりだよ、の合図として。このとき終わりを強調するためにオヤツを使ったりするのがお勧め。

ここからは病院でのハンドリングに限ったことではないけれど、
どうしても保定をするときは犬は少なからず緊張感を感じてしまう。でもその緊張感の出所が飼い主に対してであれば犬は悪くならないように感じている。
緊張感の出所が飼い主ではない何かになってしまった時が問題。具体的に言うと散歩中に他の犬に高反応してしまう犬をハンドリングしていたとする。そのときに飼い主が犬に対してプレッシャーをかけたとする。例えばマテの指示。そのとき犬が飼い主の指示に対して緊張をしているのならば悪くない結果にできる。
ただ同じようにマテの指示をかけた場合に、近づいて来る犬に緊張をしている状態になった場合、たいてい犬は指示を守りきれず相手の犬に対してなんらか反応をしてしまう。こうなってしまうと飼い主の指示は火に油。ただ煽っただけのマイナスなハンドリング。
この二つの分かれ目は相手の犬に対してどれだけ恐怖心があるのか、また飼い主に対しての関係性によって違ってくる。こういう表現があるからこそ、人によっては上下関係がどうとか、リーダーがどうとか、そういう見方になるのだろう。
自分は少し違った視点で考えている。またそれは別の機会に語ります。

DSC06501.JPG

病院で犬を緊張させないためには、やはり日常的に保定動作を練習しておくのが良いと思う。日々の繰り返しがあってこそ、犬は慣れた様子で診察を受けることができるから。
やっぱり犬が健康で長生きするためには病院の存在は欠かせない。だからこそ犬にとって病院が悪いものにならないように飼い主は普段から出来る努力をしてあげたいですね。

posted by 安田和弘 at 20:32| Comment(0) | ドッグトレーニング