2019年05月26日

6月のショップ営業について

6月のショップ営業日についてのお知らせです。

5月31日(金)
1日(土)、2日(日)
8日(土)、9日(日)
14日(金)
15日(土)、16日(日)
22日(土)、23日(日)
28日(金)
29日(土)、30日(日)

全て11:00〜19:00

上記がショップの営業日となります。
カレンダーも添付しておきますので、そちらからもご確認ください。

営業日お知らせカレンダー.pdf 6_page-0001 (1).jpg

トレーニングは従来通り毎日おこなっているため、出張トレーニング以外では基本的にお店におります。
もし急ぎショップに御用の場合は店舗用LINE@、お電話(トレーニング中の場合は留守電に入れて頂ければ折り返します)にてご相談下さい。可能な限り対応させて頂きます。

引き続きご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

IMG_0926.JPG

posted by 安田和弘 at 10:46| Comment(0) | inthedog

2019年05月01日

5月ショップ営業日について

5月のショップ営業日についてのお知らせです

3日(金)、4日(土)、5日(日)
11日(土)、12日(日)
17日(金)、18日(土)、19日(日)
25日(土)、26日(日)
31日(金)

上記がショップ営業日となります。
営業時間は11:00〜19:00です。

営業日お知らせカレンダー_page-0001.jpg

トレーニングは従来と変わらず、予約制ですが水曜日を除き全日受け付けております。
お電話でのお問い合わせは上記ショップ営業日以外ですと出られない場合がありますが、留守番電話にご用件入れて頂ければ折り返します。

以上、
お間違えなきよう宜しくお願い致します。


IMG_0013.JPG

posted by 安田和弘 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | inthedog

2019年04月01日

4月のショップ営業日のお知らせ

4月ショップ営業日についてのお知らせです。

5日(金)
6日(土)、7日(日)
13日(土)、14日(日)
20日(土)、21日(日)
26日(金)
27日(土)、28(日)

上記が4月のショップ営業日となります。
営業時間はすべて11:00〜19:00となっております。

トレーニングは従来と変わらずおこなっております。
お間違えなきよう宜しくお願いします。

IMG_9173.JPG


posted by 安田和弘 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | inthedog

2019年03月10日

*重要*営業形態についてのお知らせ

とても重要なお知らせです。
2019年3月18日(月)より、しばらくの期間、inthedogの営業形態が変わります。

ドッグトレーニング:
これまで通り予約制として平日、土日と通常通りにおこなっております。

ショップ:
11:00〜19:00
基本的に土日のみの営業となります。
(平日の営業も今後おこないますが不定期です)
ショップをCLOSEしているときはご来店して頂いても入店できません。


Q、お店の営業日などはどのようにチェックすれば良いの?
ブログ、Facebook、Instagramで随時営業日はお知らせします。
またLINE@という店舗用のLINEも始めました。こちらに登録をしていただければ、inthedogから情報を皆さんのスマホに届けられるので毎月の営業日が分かりやすいかと思います。LINE@は下記QRコードを読み取るか、ID検索で@kkl4702zと入力し追加して下さい。

TiJrPZ9EMI.png

Q、ドッグフードやオリジナルクッキーなど、定期的に購入したいものはどうする?
ショップの営業日をご確認の上、お越しいただくか、トレーニングでご来店の際にはご購入できます。
または、お手数をおかけしますが、事前にご来店される時間などを安田にご相談頂ければ、お買い物ができるように可能な限り対応致します。


Q、お店への連絡方法は?
ショップの営業日はお電話に出られますが、平日などトレーニングのみおこなっている時は時間帯によって電話に出られない場合があります。その際はこちらから折り返しご連絡しますので、留守番電話にごお名前、ご連絡先、ご用件をご伝言下さい。メール、LINE@のメッセージ機能よりご連絡してい頂いても大丈夫です。


直近の営業日などは随時お知らせしていきます。

3月の営業日は下記をご確認ください。
http://inthedog.sblo.jp/article/185686962.html


今回の変化は自分たちの諸事情によるものですが、
決して後ろ向きな内容ではなくポジティブな理由によるものです。

ですが、皆様にはしばらくの期間、大変なご迷惑をおかけしてしまいます。
何卒、ご理解いただきますようお願い致します。

今後ともinthedogをよろしくお願いします。

DSC03643 (1).JPG


posted by 安田和弘 at 18:10| inthedog

*重要* 3月のショップ営業日

3月ショップ営業日についてのお知らせです。

3月17日(日)まではこれまで通り、水曜以外は営業しております。

18日(月)以降の営業日は下記の日程となります。

22日(金)11:00〜16:00
23日(土)11:00〜19:00
24日(日)11:00〜19:00
29日(金)11:00〜19:00
30日(土)11:00〜19:00
31日(日)11:00〜19:00

上記にない日はショップはお休みしておりますので、お間違えなきよう宜しくお願い致します。

DSC02778.JPG

posted by 安田和弘 at 18:06| inthedog

2019年02月17日

体罰の必要性について [倫理観]

犬のトレーニングに罰が必要かどうか。昨年のあの番組から再びちょっとした話題になっています。
日本動物福祉協会や日本獣医動物行動研究会が体罰を科学的観点から否定する声明文を出したことが発端です。
昨年もブログに自分の考えを綴りましたが、一、ドッグトレーナーとして、今回もう一度自分の意見を書いておきたいなと思った次第です。

思ったことを書いたら文章が多すぎてえらいことに。
大幅に文章を削減しまして、今回は倫理観という面で自分の考えを書きたいと思います。トレーニングの方法として体罰が必要かどうかというお話はまた別の機会に。



自分よりも弱い生き物に過剰な肉体的苦痛、精神的苦痛を与えることは悪い事。
これって人類共通の常識なのではないのでしょうか?

もし自分の前で犬を思い切りに蹴り飛ばしている人を見かけたら、それを虐待だと批判するのは人として当然。
だけどもし、相手がこれは虐待ではない、しつけです。
そう言ったとしたら?

さらに犬を蹴る理由が、特別なものであった場合はどうだろう。
例えば、過去に通行人を咬みついたことがあり、次に咬むようなことがあれば犬を手放そうと家族で話している。だから通行人に近づこうとしたら厳しく叱っている。蹴り飛ばす理由がはっきりしているので、必要な教育?これは虐待ではないと言えるのだろうか。


その行為が教育なのか、虐待なのか。この線引きは実はとても難しい。特に犬の場合、日本の動物愛護法では表現があいまいすぎるため、よほど残忍な内容であったり、命に係わるような内容でない限りはまず法律的に裁かれるようなことはない。

人間の教育現場においては、どこからが教育の範疇を超えるのか目に見える形にしている。例えば学校教育の場合は文部科学省が学校教育法というルールを作り、どこからが体罰や行き過ぎた指導に当たるのかを明確化している。

ただ人によっては学校教育に体罰も時には必要だろうと思う人もいるかもしれない。それはきっと現場で働く教師も。罰といっても怪我させるような体罰ではなく的確な懲罰だったとして。遠回しな方法よりもその懲罰を用いた方が生徒の心に響き、今後の良い経験になるとしたら。そしてその教師はその適切な懲罰を使える技量がある人だとしたら?きっとその罰は倫理的に問題ない方法なのかもしれない。
ただそういった体罰そのものを時折に認めてしまっては判断基準がなくなってしまう。
必要な罰もあるかもしれないが、それよりも体罰そのものを禁止する教育現場が社会的に正しいと判断したからこそ、厳しいルールを作っているのだと思う。

DSC_2265.JPG


話が逸れてしまいましたが、
犬の場合はまだそんなルールそのものがほとんど作られてすらいない。日本の動物愛護法は基本的に「動物をみだりに」殺したり傷つけた場合は罰則があります。みだりってなに!って突っ込みをしたくなるかなり曖昧な表記。

今は散歩など外出へ連れて行かなくても、庭にずっと繋いだままでも、ケージに死ぬまで入れたままでも、食事と水を与えて、そこそこ不衛生にしておかなければ、虐待の定義には当てはまらないのが動物愛護法。多少だったら、しつけという名目で犬を殴ろうが蹴ろうがそうそう罰則なんてありません。

それはおかしい!もっと細かなルールを作るべきだ!と闘っている方々がいます。きっと法改正が進んでいけば何年、何十年後には今よりもしっかりとした基準はきっと作られるでしょう。

自分はいかなる理由があろうとも犬のトレーニングにおいて、殴る、蹴る、は勿論のこと、犬に肉体的苦痛および精神的苦痛を与える方法は虐待として認められるべきだと思います。

そうでなければ、街で殴られている犬をみかけても誰も助けてあげられない。
自分はそんな国に住みたくありません。

ただし、トレーニングにおいて罰が有効となるケースはある。体罰でなくとも、なんらかの道具を用いて犬に嫌悪感を与えることにより、問題解決に至ることはあります。しっかりとした経験、技術力、指導力があれば犬にその後のトラウマを作ることもありません。
自分自身、罰を全く使わないトレーナーではありません。この犬の場合、ここで一度罰を使ったほうが良いなぁと判断すれば飼い主さんに説明をし実践してもらうことはあります。ただその罰は計画的におこない、効果がなければすぐに中断します。

それらは効果的な手法であろうが必要悪。決して正義になってはいけないグレーゾーンだと思っています。だから堂々と公衆の面前で見せられるものではありません。

罰を用いた手法はあくまで選択肢の一つ。
フードを多量に使う手法のトレーニングや体罰を使わない方針のトレーニングなどが犬の教育にとって適切ではないケースはある。でもそういった犬の頭数をはるかに超える数の犬たちが体罰を使わない方向性のトレーニングで良い子に育ったり、問題行動を改善することが出来ているのは紛れもない事実です。それは正解中のドッグトレーナーが証明できる事でしょう。

DSC_1880.JPG


どうか日本社会は愛護法を厳しくして、体罰や犬に苦痛を与える教育の一切を否定する国になっていってほしいと心から思っています。
例え鋭い牙を持っていたとしても、犬は人より弱い立場の生き物なのだから。


posted by 安田和弘 at 22:27| Comment(0) | ドッグトレーニング

2019年02月12日

感情の貯金

どこで誰から聞いたかは思い出せない。
でも感情の貯金とは上手いこと言うもんだなぁと最初に聞いたときは思った。

IMG_6622.JPG

パピートレーニングのときにブラシを嫌がらないように、フードを食べさせながら少しずつブラシに慣らしていきましょう。なんてアドバイスをするときに、嬉しいという感情をたくさん貯めておきましょうね〜!というような表現が感情の貯金。
ならば逆を言うなら感情の借金とでも言いますか。ブラシを嫌がる犬を強引に抑え込んだり、寝込みを狙って騙すように捕まえたり、そういう不快感や嫌悪感を貯めてしまうのは感情の借金。借金の額は増えれば増えるほど、返済するツケが回ってきてしまう。
借金をしてしまった状況から再び貯金をしていくには・・・。想像するだけでも、なかなか大変な道のりになってしまうような気がしませんか?

そんな例え話としてはパンチの効いてる感情の貯金。
ただ貯金といういうだけあって、それを切り崩さないといけない日がやってくる。

それが怪我や病気、介護といった類。それは避けては通れない。
いつかはどの犬にもやってくる。

IMG_7952.JPG

チビー(ちっちゃい方のビー)は昨年末ごろから病院にお世話になる回数が増えた。
若いときは重度の皮膚病で病院通いはあったけど、ここ数年はずっと健康だった。それが14歳近くになったからか病気の症状がチラホラと。
特に大変だったのが馬尾症候群という病気。
聞きなれない病名ですが、ようは尻尾の付け根(その箇所を馬尾と言います)のヘルニア。
椎間板ヘルニアのような歩行障害だけでなく、オシッコや排便もうまく出せなくなってしまうことがあり、重度の場合はケージレストと外科的手術が勧められることもあります。
ビーは幸いにも軽度で薬だけで今のことろ様子を見てはいますが、痛そうなときはなんともかわいそう。

DSC_1103.JPG

チビーは動物病院での検査も負担がかかる内容もあったし、うまく歩けないときには不快に思われるようなこともした。これまでトレーニングとしては慣らしてこなかったような検査や経験をたくさんさせた。
そういう時に、今まさに感情の貯金を使っているんだなぁって実感する。
ビーは今のところ、人がすることを嫌がらない。相手が自分でも獣医でも、人を信頼してくれているなって今までのどの瞬間よりもそう思える。トレーニングの集大成が今この時。

言葉が通じない動物だからこそ。治療や介護の意味を動物には伝えることができないからこそ。
人がすることは大丈夫だと信じてくれるように、若いときからコツコツと感情の貯金をしておくこと。
今まで上辺だけで理解していたなぁって。

シニア犬との暮らしから得られるものはとても大きい。
老化することで変わる行動の変化もとても勉強になる。チビーの場合はどんどん仔犬のような仕草が増えて愛おしい。

やっぱりビーは自分にとっての一番の師匠だ。
まだまだたくさん学ばせてね。

IMG_7968.JPG

posted by 安田和弘 at 19:58| Comment(0) | ドッグトレーニング

2019年02月04日

臨時休業のお知らせ

2月4日(月)
  5日(火)
  6日(水)定休日

上記の3日を臨時休業致します。


ご迷惑おかけしますがご了承の程よろしくお願い致します。

IMG_7450.JPG


posted by 安田和弘 at 10:55| inthedog

2019年01月19日

営業予定についてのお知らせ

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
ブログを更新できていない上に、新年初投稿がお知らせとなってしまい申し訳ありません。

来週の営業についてのお知らせです。

1月22日(火)14:00〜 OPEN
  23日(水)定休日
  24日(木)臨時休業


上記のように営業日を変更させて頂きます。
尚、この週のオリジナルクッキーの販売は金曜日からとなります。

ご迷惑おかけしますがお間違えなきよう宜しくお願いします。

IMG_6659.JPG



posted by 安田和弘 at 10:48| inthedog

2018年12月30日

2018年を振り返り

本日inthedogは仕事納めです。
皆様今年もありがとうございました。

1年を振り返ると、トレーナーとして悩む局面が今年はたくさん。
一番はやっぱり攻撃性。
攻撃性の依頼はトレーナーとして使命感を感じる反面、恐怖心や責任感の重圧があります。
そのケースには合わない手法やアドバイスをして、もし攻撃性を出してしまったら・・・。そう思えば思うほど、当たり障りのない、進展しないような選択肢を提案してしまう。その反対に無責任としか言えないようなアドバイスをして人も犬も苦しめてしまうトレーナーもいるわけで。

IMG_4812.JPG

トレーナーの関わりには責任が伴う。

一番責任があるトレーニングは本来パピートレーニングのはずなのに、パピートレーニングは開催をするのに敷居が低いと思われがち。その犬の性格を見て将来に起こりそうな問題行動を予防する。また飼い主さんの犬に対する姿勢を見て犬にとってマイナスとなる接し方があれば改善してもらう。早めに問題行動の火種を消す。マニュアルなんてない。
その犬の、その家庭の一生を左右するのがパピートレーニングだと自分は思う。

inthedogの場合、マンツーマンのトレーニングだからこそ、しっかりと飼い主さんの話を聞いてアドバイスをするよう心掛けている。ただ譲れない部分もあるため、トレーニングの考え方や人格が合わないと思った方には無理に続けてほしくないとも思っている。パピートレーニングは時間との勝負。合わないと思いながら続けるなんて時間と労力の無駄。それに悩みながらトレーニングすると一貫性が取れなくなってしまう為、手法に振り回される犬からしたらたまったものじゃない。

IMG_5556.JPG

inthedogとしては今年は悲しい別れが立て続けにありました。
動物と暮らすという事は覚悟していないといけない事ですが、今年はあまりに多かった。
お店を開業してから12年近く経つだけに仕方のないことだけど、もう会えないと思うと切なくてたまらない。

年末に書くような内容ではないですね。
ただちょっと愚痴りたくなるくらい、今年はトレーナーとしても、inthedogとしても、ほろ苦い1年となりました。


私生活としてはとてもとても大きな変化がありました。
人は一人では生きていけない。誰かに支えられて、誰かを支えて生きている。そんな当たり前の事を再認識するような1年でした。
来年は更に激動の年となりそうです。


さてさて。
最後は年末年始の注意事項を書いて今年を締めくくりたいと思います。

その一、誤飲に気をつけて!
毎年必ずどなたかから聞く誤飲騒動。親戚が集まったり、どこかのお家に犬を連れて出かけたりすると、いつもよりもガードの甘い状況になりがちです。目を離した隙に犬が食べてしまった!なんてことが起こらないよう重々お気をつけください。そして事前に動物病院のお休みを調べておくと良いかも。

その二、犬の脱走にはご用心
普段気をつけていても人の出入りが増えると起こるのが犬の脱走。扉が開いていて、ロックがかかってなくて、などがないようご注意ください。

その三、酒は飲んでも飲まれるな?!
これは自分自身への戒めかも?毎年と言って良いほどお酒トラブルって結構あります。
普段はそんな事しないのに、お酒を飲んで酔った勢いで寝ている犬に抱き着いて咬まれた、みたいな話。
きっと大半の犬たちは酔っ払いの事は好きではないでしょうね。自分も気を付けます。


それでは皆様、良い年をお迎えください。

IMG_5082 (1).JPG

posted by 安田和弘 at 20:04| Comment(0) | inthedog