2011年11月08日

犬と一緒に寝るという事について真面目に考えてみる

11月に入り、日に日に気温が下がってきてきました。人肌恋しいこれからの寒さは、温もりを求めて人と一緒に寝ようとする犬も多いと思います。
動物と一緒に寝るかどうか、一度は悩んだことある人って多いんじゃないでしょうか。一緒に寝るのは良くないって話はよく言われています。実際のところどうなのか?ちょっと真剣に考えてみます。
自分も仕事柄か、結構悩んだ時期はありました。(まだたまに悩む事があります。)ちなみに我が家は寝るときも犬はフリーで過ごしていますが、人が寝ているベッドには上がって来ず、犬用のベッドか扉の空いたクレートの中に入ったりして寝ています。


一般的に人と同じ布団で犬を寝かせてはいけないとされる理由ですが、
@人畜共通感染症のリスク
A犬との関係に問題が出る。上下関係の考え方においては、一緒に寝ることで犬が上位になる。

大きく分けてこの2つでしょう。@に関しては、そもそも犬と一緒に生活している時点で既に感染症のリスクは少なからずあると思います。リスクはあっても一緒に暮らしたいという気持ちは止まらない。その分色々と知っておいた方が良い知識はたくさんあります。一緒に寝るのであれば念頭に置いておいても良いでしょう。

今回の本題、Aに関して。上下関係については、そういった視点でトレーニングを考えるかどうかにもよりますが、単に人と一緒の場所で寝たからといって、それだけで犬との関係が崩れるとは正直思っていません。
ただ、一緒に寝ることになった経緯は重要だと考えています。
例えば…パピーの頃にケージなどで寝かそうと思っていたけれど、夜鳴きがうるさくなってやむを得ず一緒に寝ることになった…、といった流れは犬の要求を飲んでしまった事になり、トレーニングの考えにおいては避けたい所です。
それに比べ、別にケージやクレートでも静かに寝れるけど、私が犬と一緒に寝たいから夜は一緒に寝ています!と言われれば全く文句はありません。

またあくまで人の居場所に犬がいるという立場を忘れさせないためにも、いつでもベッドから犬を降ろすことができるか、たまに確認しておくことも大切ですね。現在問題がなくても確認することは問題行動の予防に繋がります。

後考えなければいけないのは犬のストレスについて。
留守番をさせる家庭、特に仕事などで長時間させなければいけない家庭の場合。日中は一人で留守番をしていて、夜は寝るときも飼い主とベッタリ。留守番が長かった分、夜はできるだけ一緒にいてあげたい。そんな気持ちになる人もいるでしょう(自分含めて!)。ただ飼い主の不在、在宅時のギャップが大きすぎることがストレスに繋がる原因になってしまう場合があります。
留守番があったり、離れるときもあるから、日ごろから適度な距離感を作り、それに慣らしておくことが結果的に犬のためになることもあるのではないか。そんな風に思う。その距離感というのが時に一緒に寝ないという考えに繋がるのかもしれません。

色々なデメリットも考慮した上で、人にも犬にとっても問題がないのであれば一緒に寝るのは全然アリでしょう。

ビーは実は以前はベッドで一緒に寝ていました。でもいつからかベッドに全く上がって来なくなった。ひょっとして自分の寝相が悪いからか?!
さてさて皆さんは犬と一緒に寝る派?寝ない派?まだ悩んでいる方はご参考までに。

PA0_0001sleep.jpg

posted by 安田和弘 at 20:15| Comment(3) | ドッグトレーニング
この記事へのコメント
我家はもちろん、一緒に寝ています。寝る前にベッドで本を読んだりしていると、横に来て、寒くなった今は布団にもぐって行きます。
私はモモと一緒。ナナはまだ若くて、あまり布団には入りませんが、ベッドの上が好きです。
これ、ダメって書いてある本がほとんどですが、室内犬の方の多くは一緒に寝てると思います。
しつけ的にはダメですよね。でもなんか、絆ができて好きだし、
あったかいし、止められません。
Posted by モモ&ナナ at 2011年11月15日 20:44
モモ&ナナさん

犬の性格や飼育環境によっては一緒に寝ることがデメリットになることもあるので、本など不特定多数の人が見るものでは、良いですよと言いにくいのかもしれませんね。
ビーは一人で寝る方が好きなようです。飼い主としてはちょっと寂しい…。
Posted by yasuda at 2011年11月17日 11:48
うちはビーちゃん同様一緒に寝てくれない派です(^^;)

日中ゴロゴロしてるときはくっついて来る事もあるのですが、
快(愛犬)本人が本気で眠くなると『邪魔だなぁ』と言わんばかりにそそくさとハウスへ。。。
一人で寝る方が好きですね。そして飼い主としてはちと、寂しい気持ちもありますが。

ストレス、問題行動などを考慮して、検討して行きたい大切な内容ですね。
Posted by fumi at 2011年11月27日 11:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: