2018年08月11日

癖になった行動を変えるには

突然ですが!
ぱっと腕を組んでみて下さい!右手か左手どちらが上になりましたか??

DSC_6967.JPG

今度は意識してさきほど組んだときと反対の手が上になるよう組んでみてください。
組んだら一旦手を戻して。
これを何度も繰り返すと、そのうち無意識でも反対の手が上になる組み方ができると思います。いわゆる反復学習というものですね。

けれど数日後にでも突然腕を組んでみると・・・また一番最初にしていた組み方に戻ってしまう方は多いはず。
癖というのはそう簡単には変わりません。常に意識をして習慣化するまで続ける必要があります。

実はコレ、ドッグトレーニングでも同じ話。
癖になってしまった行動を変えたい。

・引っ張り癖
・吠え癖
・飛びつき癖
・咬み癖

問題行動の相談ではよく「癖」の文字が付いている。
癖となった行動も、初期にはなにかしら癖になるだけの理由はあったわけで。ただ行動が繰り返されていくうちにより手短に手軽にその行動をするようになっていく。
癖と言えるほど繰り返し強化されて続けた行動。どうにか減らしたいとトレーニングの相談にみえる方は多い。

DSC_2738.JPG

そこでトレーナーは学習理論に基づいて様々なトレーニング方法をアドバイスする。

・代替行動分化強化
・他行動分化強化
・非両立行動分化強化
・正の弱化、負の弱化
・馴化
・消去

などなど行動を減らすと言っても様々な手法がある。言葉はごちゃごちゃして紛らわしいが、理解してしまえばどれも至ってシンプルな内容ばかり。
興味あるぞという方は google先生にでも、
安田にでも聞いてみて下さい。


せっかくなので一つ、代替行動分化強化というものを説明します。

これは人にとって望ましくない行動の替わりに別の行動を強化するという手法。

たとえば、
人がソファで休んでいると、退屈でおもちゃで遊んでほしくて、それを吠えて催促する犬がいるとします。

・人がソファに座っているときに
                ↓   
    犬が吠えると
                ↓
    犬が喜ぶおもちゃで遊んであげる。


この吠える行動が遊びの始まる合図になってしまっている。


・人がソファに座っているときに
                ↓
 犬がベッドで休んでいると
                ↓
 犬が喜ぶおもちゃで遊んであげる。

こっちの「ベッドで休んでいる」行動に合図を替えましょうということ。

DSC_3636.JPG

犬は吠えてもおもちゃで遊んでもらえないが、替わりに、ベッドで休んでいるときはおもちゃで遊べる。
これを徹底していると犬は遊んでほしいときはベッドに行って休んで待つようになる。
これが代替行動分化強化。

さてここからが本題。
癖になった行動である[吠え]
吠えても、犬にとって好ましい結果[おもちゃで遊ぶ]という結果は得られない。
この結果を与えないで行動の癖をなくす手法を消去といいます。

この消去という学習はときに動物にとってはフラストレーション、ストレスがかかる。
言語で犬の気持ちを代弁すると、
「なんで今までは吠えると遊んでくれたのに、突然遊んでくれなくなったんだよ!」みたいな感じ。

でも学習理論に沿った手法で、替わりの行動をすれば遊んでもらえると教えられたら?ストレスは少なくなる。その学習をさせるのに必要なのは継続性と一貫性。

では中途半端に消去をしたり分化強化をされた犬はどうだろう?
「昨日は吠えると遊んでくれたよね?今日はだめのかな?もっと吠えればいのかな?!」

犬は答えがはっきりしないコミュニケーションに永遠振り回されるはめになる。


問題行動を治すトレーニングをおこなう時、飼い主には習慣を断ち切る精神力が求められる気がする。
ただ一番ストレスを感じているのは犬。
最近はトレーニングで罰的な方法が推奨されなくなってきた。それは犬に痛みや苦痛を用いて教えることが効率的ではない事。そしてなにより人道的ではなく、可哀想だから。
けれど罰的な刺激を使わないトレーニング=犬に優しいというわけではない。
消去の学習では罰は使わないけど、犬は学習するまでにはイライラするし、場合によっては多大なストレスがかかる。
そこは忘れちゃいけない。

DSC01273.JPG

だから消去のストレスを最小限にするためには日替わりのような気まぐれな接し方ではなく、
必要なのは、

ルール(手法)が定まった接し方
[計画性]

学習するまで根気よく続ける
[一貫性と継続性]

人間自身も犬への接し方を意識的に変えるのはほんとに大変!!
トレーニングの計画性が人にも犬にも合っていて成果が出そうならば、せめて3週間くらいは一貫性を持って続けていただかないと、行動は習慣には変わらない。

犬には常に人の都合に付き合ってもらっているだけだから、飼い主、トレーナーを含め、人間は犬の努力が無駄にならないように真剣に頑張らないといけませんね!

posted by 安田和弘 at 17:51| Comment(0) | ドッグトレーニング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: