2016年07月19日

犬目線で暑さ対策を

暑い!たまらなく暑い!犬と暮らすには試練の季節、夏がやってきましたね・・・。
7月から始めたポジティブバディ。皆さんの関心は予想よりも高く、スタートして良かったと思えました。本当にありがとうございます。初級という位置付けとなるチャレンジAは室内でおこなう課題がほとんど。暑さで外出できない代わりにトレーニングに打ち込んでみては?

さて、犬が暑さに弱いというのは皆さんご存知のはず。なんですが。
それでも犬が熱中症に・・・。という話を毎年耳にします。
なので今回はおさらいも兼ねて暑い夏の注意点を。

なぜ犬が暑さに弱いのか。それは主に人間と違って汗腺がほとんどなく体温を下げる術が少ない。被毛に覆われているため熱が籠りやすい等があります。インターネットで「犬 暑さ」とか検索すればだいたい調べられる事柄なので、詳細は省きますが。基本的に人間が暑いと感じた時点で犬にはもっと辛い気温だということは心がけてほしいところ。

寒い時期に犬が寒がるからと服を着せたり、ヒーターをケージに入れたりするのは、よほど特殊な犬種でなければ甘やかしだと自分は思うけど、夏の時期の暑さ対策にクーラーを留守の間にもエアコンを付けっぱなしにする、エアコンの設定温度を犬の為に下げたりするのは甘やかしだと思わない。犬という動物と暮らす上では必要なこと。日本犬は暑さに強いとか、犬はもともと外にいたのだから大丈夫なんていうのは過去の話。温暖化した近年には通用する話題じゃない。
ただ、暑さを言い訳に全くお散歩へ行かなくなる方がいるけれど、それは甘やかしはなく甘えかと。猛暑でも早朝5時に行けば歩けますからね。

DSC09272.JPG

問題なのは犬自身が暑いと感じても自分の意思では逃れられない状況になってしまうこと。
人間だったら暑いと感じれば部屋から出る、車の窓を開ける、家の冷房温度を下げる、なんだって自分の意思でできる。でも犬の場合はクレートやケージ内、留守中、散歩中、車内。それら全てが犬自身の力ではどうにも出来ない。

うちのビーは夏でも暖かい場所が好きで夏でも日向ぼっこをしてたりする。でもそれもビー自身が選択できるから良いのであって、日が当たる部屋に閉じ込めていたのなら大問題だ。
人が飼う以上、犬の自由をなんらか奪うことになるわけだから、くれぐれも過酷な環境で過ごさせるようなことはないようにしたい。

IMG_5048 - コピー.JPG

最後にinthedogからのお知らせです。

inthedogでは、『ワンコと夏の思い出』の写真を募集します!!

水遊びにバーベキュー、お祭り、扇風機の前でゴロ寝などなど。素敵な夏の過ごし方を撮影して、写真データに飼い主様のお名前、ワンコの名前をご記入のうえ下記アドレスまでお送りください。
1ワンコにつき一枚現像して秋の始まりまで店内に飾らせて頂きます。
締め切りは8月中旬です。

info@inthedog.co.jp

夏を楽しむワンコの写真で店内がいっぱいになりますように。
お待ちしています♪

posted by 安田和弘 at 21:37| Comment(0) | inthedog
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: