2016年05月28日

10周年。お店のこと。

自分が先代から店を引き継いではや6年を迎えました。
はじめて自分が店に行ったときの緊張感が今となってはなんとも懐かしい。その店を自分が続けていると思うと感慨深いもの。
先代にお店は10年続いたら一人前。みたいなことを継ぐ前に言われたのをよく覚えています。いよいよ一つの目標としていた10年という節目を迎えるってわけです。

intheDog_002.jpg

さて今回のブログはお店についてのお話です。
inthedogのようなドッグトレーニングを中心としていて物販のお店を構えるという形態は正直珍しいと思う。
自分が知っている限り、トレーニング中心の場合はだいたいが預かり訓練やデイケア事業に特化させる。物販をやっている場合にはトレーニング自体は副業サービス扱いという位置付けにしている所が多い。
今から10年前なんてもっと珍しかったのではないだろうか。

10年の間には(自分は6年だけど)たくさんの方がお店を訪れ、それだけ色々なドラマがあった。それは本当に笑いあり、涙あり・・・。

DSC08192.JPG

日々お店には色々な目的を持ったお客さんたちが足を運ぶ。
トレーニング中にも買い物にみえるお客さんがいたり。最初は買い物にみえていたお客さんがトレーニングに関心を持って参加されるようになったり。初めてパピーを迎え、色々困っているお客さんに常連の方が優しくアドバイスをしていたり。そうした交わりのなかでお客さん同士が親しくなって友情が芽生えていったり。日々、人と人、犬と犬達が繋がりあっている。
そんな独特の雰囲気から入りにくいお店と思われがち・・・。ですが!今となってはその点は若干開き直っています(笑)

こんなお店ですが、いつも支えて下さるお客様に心より感謝します!
本当にいつもありがとうございます。

DSC04257.JPG

トレーナーとして?いやあえてお店として思うことがある。
常に正しい常識を発信できる存在でありたいと。
それはドッグトレーニングに限ったことではなく。例えば知らない犬をいきなり触ろうとしてはいけない、リードは公共の場で離してはいけない、そんなマナーのような事でも。
動物という存在を正しく伝え、訪れる方たちの意識を高められるようなメッセージ性のある店でありたいと思う。
それが人と犬がより気持ち良く共生していける社会を築いていくための、ひとつの貢献の仕方だと思っている。なんだか言葉にするとおこがましいですけど。

そして常に誰かに必要とされるような店であり続けたい。
もし今から更に10年くらい先でもinthedogが続いていたら・・・、そのとき店にみえるお客さんは今とは少し変わっているのかな。ひょっとしたらスタッフが、はたまたトレーナーが変わっているかもしれない。
そうなっていたとしても、その時代も犬と暮らす人たちに必要とされるお店であってほしいと願う。

だから今は自分たちがinthedogらしさを守っていかないといけないなと思います。
そんなわけで、これからもどこか一本筋の通った、信念のある店でいられるよう、スタッフ一同頑張ります!

posted by 安田和弘 at 16:58| Comment(0) | inthedog
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: