2016年03月29日

犬の緊張感はどこからくるの? 前編

あっという間に春ですね〜。
DSC_0202.JPG

春と言えば動物病院。狂犬病予防注射やフィラリア検査などなど。病院も最も混雑する時期です。
今回は動物病院で気を付けたい犬への接し方のお話。

自分もつい先日ビーを連れて狂犬病予防注射を打ちに動物病院へ。混雑時は車内で順番を待つことが多いけどこの日はあまり混雑していなかったので待合室で待機。同じ動物と暮らす人間という親近感からか結構な頻度で話しかけられたり、ビーも触られたり。診察室ではワクチンついでに健康診断とワクチンについて前から検討していた抗体価検査についての事などを獣医師に説明してもらいました。とても良く説明をしてくれる病院で気づけば30分くらい診察室にいたかも。抗体価検査についてのお話は非常に有益でした。それについてはまたの機会に。

さて、動物病院内で問題となりやすいのは
@待合室での待ち時間
A診察中の台の上

待合では閉鎖的な空間に知らない人犬がいて逃げられない雰囲気、しかもその直後には診察。台の上に乗せられてからは針で刺されたり、抑えられたり・・・。
怖がりの子にとってはまさに試練の時。
ビーも元々かなりの病院嫌いで以前は台の上に乗っけるだけで震えて半端ないくらい脱毛していた。
その頃から思えば随分と慣れたように思う。

動物病院で怖がりにさせないポイントはいかに犬を緊張感を出させないか。
そのためにまず考えたいのはご褒美の存在。

DSC_0662.JPG

最近は犬のトレーニングに関心がある動物病院が増えてきていて、パピーが診察に来ると社会化としてオヤツを食べさせてくれたり、犬に痛みや恐怖を与えないような診察の仕方を考えてくれている所もある。ビーの掛かりつけの病院も待合室には獣医師推奨オヤツのサンプルが複数あったり、診察後には獣医からオヤツをくれたりと嬉しいサービスが多い。

でもそんな動物病院の方針とは関係なく飼い主側が犬のご褒美を用意しておくことが重要。
inthedogでトレーニングしている犬ならば殆どのケースでパピー期からブラッシングや足ふきなどでオヤツを使って慣らすという事をしてきたはず。我慢しただけの対価をあげるという事で自宅では終わった後にあげてる方多いと思う。でも何故だかその割に動物病院では持参してない方が多いように思う。
どう考えても日常の手入れに比べて動物病院での診療の方が犬にとってのストレスは高い。日常の手入れでご褒美を減らしていくならまだしも、病院では是非にあげてほしい。

あげていない飼い主側の意見でよく聞くのが、獣医さんの前でオヤツをあげると嫌がられそうという話。確かにオヤツの存在を良く思っていない方もいるため、代わりにドッグフードを使ったり、一言あげる前に意図を説明しても良いと思う。気を使って台から降りて待合室に戻ってからあげる、ではなく台の上であげる。ここが大事。やっぱりご褒美の効果を出すにはそんな直後が望ましい。タイミングは体温を測る、触診、注射、などなど、そうした一工程事にあげられたらベスト。

食べる食べないの選択は犬の緊張度合を図るのに最も分かりやすい。
パピーからそうした方法を継続しており、その場で食べる習慣がある犬は恐怖心が多少高まっていても案外オヤツを食べられるけれど、成犬から使うようにした場合、怖がりの子はなかなか最初食べられない事も。
そういった場合は美味しいオヤツを使う、一度に与える量を増やす、空腹状態で病院へ行く、与えるタイミングを変える、等々色々なアプローチがあるので相談頂ければと思う。

DSC_0450.JPG

緊張感を出さないために普段から良い印象を刷り込んでおくこと。どうかもっと気を付けてくれる飼い主さんが増えますように。緊張感を増やさないハンドリングについては次回に!後編へ続きます。



posted by 安田和弘 at 16:57| Comment(0) | ドッグトレーニング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: